Google+1ボタンを、あなたのWebサイトやブログに貼りつける設定方法

GD127_L

今年中にはビジネス用のGoogle+が登場するとのことですが、それまでGoogle+をビジネスに活用しない手はありません。
今回は、Facebookの「イイネ!」にあたるのがGoogle+の「+1ボタン」をウェブサイトやブログにつける方法をご紹介します。

ウェブサイトに「+1ボタン」をつけよう!

まずはウェブサイトに「+1ボタン」をつけてみましょう。+1ボタン作成ページにアクセスします。


次に、下記のように設定をしてください。

サイズ :お好きなサイズを選択してください。
言語 :日本語を選択してください。
カウンターを表示 :イイネされた数を表示させたい場合はチェックしてください。
表示するタイミング :Defaultを選択してください。
JS コールバック関数 :空白で構いません
+1ボタンの対象とするURL :こちらにホームページのURLをコピペしてください。

そして、下に表示されているソースコードをあなたのホームページのHTMLの適切な箇所に追加してください。

これで表示されるはずです。


WordPressに「+1ボタン」をつけよう!

次にブログに+1ボタンをつける方法です。

WordPressをつかっている場合は、WP Social Bookmarking Lightというプラグインを使えば簡単に設置できます。

上記のプラグインを使えば、Google+だけでなくFacebookのイイネ、Twitterのつぶやきボタン、はてなブックマークのボタンなど、様々なソーシャルボタンを一括で表示させることができます。もちろん、表示させるボタンは自分で選択できます。


Google+1ボタンはSEOに影響する?

Googleは、FacebookやTwitterなどのソーシャルサービスでのバズが検索エンジンの上位表示に影響するかという問いに対し、「YES」と明確に答えています。

他のソーシャルサービスでさえ影響があるのですから、Googleのサービスである「Google+」のボタンが検索エンジンに影響しないわけがありません。
もしアクセスを生むブログをお持ちの場合、まだ+1ボタンを設置していないのであれば、すぐにでも設置した方がよいと思います。

もちろん、Googleは+1ボタンを押された回数を単純に計算しているわけではなく、+1ボタンを押したユーザーのプロファイルも評価していくと思います。

キーワードに関係性が高く、かつ価値の高いウェブサイトにリンクされると効果が高い、という通常のSEOと同じコンセプトで、+1の方も分析されていくのではないでしょうか。

そのあたりの考察は大きく膨らみそうなので、また別の記事でご紹介したいと思います。


Facebook Labは、調査・研究で培ったノウハウを活かしたFacebookページ制作サービスも行っています。
Facebookページの制作をお考えの方は、ぜひご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。いいね!でファンになって頂いた方限定の割引キャンペーン実施中です。

記事を書いた人

ウェブクリエイター。デザイン・コーディング・システム開発を行う。 iPhoneアプリ開発やソーシャルメディア活用をメインに活動中。

View all posts by