顧客満足度調査でFacebookは最下位。どうする?Facebook

2011年8月3日  |   |  コラム

FE200_L

少し前のニュースですが、アメリカの調査機関によって行われた電子商取引事業などに対する顧客満足度調査において、Facebookは最下位だったようです。
詳しくはこちらのサイトで紹介されています。

Facebookがカテゴライズされたソーシャルメディア部門だけでなく、調査した全サイトの中で最下位だったとのこと。

しかもこの調査はGoogle+がベータリリースされる前に行われたものであり、「Google+が使いやすかったから、もうFacebookキライ!」ではなく、Facebookユーザーは以前より不満をためていたことが明らかになったわけです。




まぁ、そりゃそうですよね。




先日Facebookのチェックインクーポンについていろいろと調査をしていたのですが、まー使いにくい分かりにくい。
そもそも、Facebookが提供する基本機能にも関わらず、「他のサイトで調べなくては分からない」ということがデフォルトになっている時点でウェブサービスとして破たんしているような気がします。

それでも6億人のユーザーを抱える世界最大のSNSとして君臨することができたことが私には「ナゼ?」ですが。。。

6億人の顧客候補にアプローチを出すことができ、かつ6億人の中で「イイネ!」で告知しあってくれるシステムは、サービスを提供するお店や会社側からするとたしかに素晴らしいことは間違いありません。しかし、一般ユーザーに嫌われては元も子もありません。

なんにせよ、やはりユーザーインターフェースやサポートの悪さをユーザー側で吸収させていたFacebookのツケは、Google+の登場により非常に大きなものとなったことは確かです。

ユーザー数を増やすことよりも、よりユーザーにとって使いやすい設計にシフトチェンジしない限り、Google+への移民は増え続ける一方なのではないでしょうか。

もうすぐビジネス版Google+もリリースされ、さらにFacebookにとっては窮地になります。どうなるFacebook?


Facebook Labは、調査・研究で培ったノウハウを活かしたFacebookページ制作サービスも行っています。
Facebookページの制作をお考えの方は、ぜひご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。いいね!でファンになって頂いた方限定の割引キャンペーン実施中です。

記事を書いた人

ウェブクリエイター。デザイン・コーディング・システム開発を行う。 iPhoneアプリ開発やソーシャルメディア活用をメインに活動中。

View all posts by