Google+でAngry Birdなどのゲームを出来るようになりました。

2011年8月18日  |   |  Google+, ニュース

名称未設定-1_03

もうみなさまご存じだと思いますが、Google+のメニューに「ゲーム」が追加され、Angry Birdなどのゲームをできるようになりました。

Facebook、mixi、GREEやその他SNSを見ていても、現代のSNS普及にはゲーム(アプリ)の要素が不可欠であると言っても過言ではありません。
いや、不可欠ではないですが、ゲームのおかげでユーザーの滞在時間、ソーシャル性、新規ユーザーの獲得を爆発的に高めているのは間違いないでしょう。

Google+が早急にゲーム要素を実装したのはSNS的な視点で見れば当然ですが、「Google」として見ると少し異色な気がします。
まぁ、それだけGoogle+を「世界最大のSNS」にするべく力を入れているということでしょうかね。

開発者には既にプラットフォームが公開されており、そこからゲームを開発できるようになっているようです。
Google+ ゲーム開発プラットーフォームはこちら

現在はAngry Birdなどの有名どころがあるようですね。
おそらくAdwordsと組み合わせて開発者のお財布が温まるような仕組みにはなっている(もしくは今後なる)と思います。

mixiでも「サンシャイン牧場」など有名ゲーム開発会社には、非常に大きなお金をSNS経由で稼いでいるようですし、世界中で注目されているGoogle+なら、もっと大きな一攫千金をゲットできるのではないでしょうか。


Facebook Labは、調査・研究で培ったノウハウを活かしたFacebookページ制作サービスも行っています。
Facebookページの制作をお考えの方は、ぜひご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。いいね!でファンになって頂いた方限定の割引キャンペーン実施中です。

記事を書いた人

ウェブクリエイター。デザイン・コーディング・システム開発を行う。 iPhoneアプリ開発やソーシャルメディア活用をメインに活動中。

View all posts by