FacebookがGoogle+に対抗して機能を改善するようす。

2011年8月24日  |   |  ニュース

GD016_L

Facebookが機能の一部を改善するとの発表を行いました。

以下、ソース元。
Google+がお手本?:Facebook、プライバシー設定やタグ機能を改善 – ITmedia ニュース


改善の内容としては、

  1. プロフィールの各項目(勤務先と化誕生日とか)に対して公開範囲を設定できるようになる
  2. 投稿の公開範囲を細かく指定できるようになる
  3. 写真や投稿につけれられたユーザータグで、貼られたユーザーは事前に承認・却下できる
とのこと。


投稿時の公開範囲は今でも「すべて」、「友達」、「友達の友達」と選択できますが、もう少し深く設定できるようになりそうです。
しかし、Google+のように始めからサークルで友達がグループ分けされているわけではないので、Google+ほど使いやすくはならないかも。

Google+の最大の売りが「サークル」なので、その部分を吸収してしまおうという行為自体は当然かもしれません。しかし、根底の部分が変わらなければ、Google+ほど直感的には使えないのではないかと思います。

既に6億人以上に活発に使われてしまっているからこそ、大幅な機能改善がしにくいところはあるでしょうね。しかし、Google+の登場で多くのユーザーが「Facebook実はキライだったのよね~」と言い出した今、大幅なユーザビリティの向上はもはや避けられないかもしれません。

2年後に生き残ってくれるよう、がんばってほしいですね。


Facebook Labは、調査・研究で培ったノウハウを活かしたFacebookページ制作サービスも行っています。
Facebookページの制作をお考えの方は、ぜひご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。いいね!でファンになって頂いた方限定の割引キャンペーン実施中です。

記事を書いた人

ウェブクリエイター。デザイン・コーディング・システム開発を行う。 iPhoneアプリ開発やソーシャルメディア活用をメインに活動中。

View all posts by