Googleがソーシャルサービス「Google+」をテストリリース

2011年6月30日  |   |  Google+, ニュース

Google+-プロジェクト_02

先日、Googleがソーシャルサービスとして「Google+」をテストリリースしました。

「Google Buzz」をはじめ、こういったソーシャル分野の苦手なイメージがあるGoogleだが、今回リリースした「Google+」とは一体どんなものなのだろうか?

Google+で公開されている機能


Google+では、現在下記の機能が公開されています。

サークル
友人をサークルというグループごとに分別し、そのサークルごとに情報共有だったり公開だったりが出来るサービス。TwitterやFacebookをまねた有料サービスなどではよくついている機能ですね。
例えばTwitterに似た有料サービスのmootなどでもグループごとに友人を分け、つぶやきやファイルを指定したグループだけに共有することができます。

当たり前といえば当たり前の機能ですけれども。Facebookでは「リスト」として友人を管理できますが、それよりももっと直感的にグループ分けできそうな気がしますね。

Sparks
自分の興味のある事柄を設定することで、関連するコンテンツや人物を探しやすくなるというもの。圧倒的な検索精度を誇るGoogleなので、個人的にGoogle+の中で一番期待している機能です。ビジネスでも役立ちそうですね。

ビデオチャットルーム
メッセンジャーのようなもの。

その他にもモバイルで利用できる「インスタントアップロード」や「グループチャット」もあるとのこと。


現在は招待制のため、知人から招待してもらうしかない

とはいえ、私はまだGoogle+を実際にさわったわけではありません。
サボっているわけではなく、現在Google+はテストリリースのため、招待されたユーザーしか利用できないのです。それに加え、招待された人でも本日「朝までは知人をっ招待できたのに、今みたら招待できなくなってる!」というよくわからない状態になっている様子。

とりあえず、早く招待されて使ってみたいですね。。。
聞いてみたところ、デザインは完全にFacebookを丸パクリしているといっても過言ではない感じらしい。これについては正解かもしれませんね。既に6億人以上に使われて親しまれているUIなので。日本人はそうでもないですけど。

Googleはもっとユーザーライクにならなきゃダメ!

一体Google+がどういったSNSで、現在一人勝ち状態のFacebookに対してどのように住み分けorガチンコ対決していくのかは、まだ使っていないので想像しかできません。

しかし、Google+がユーザーに使われるようなサービスになるに際し、私は一つGoogleに意識してほしいことがあります。それは「もっとユーザーライクになることを意識して!」ということです。

SNSはその性質上、ユーザーが様々なニーズを実現しようとやってきます。時には本来の機能とは別の使い方をされたり、そもそもSNSの使い方とは相反するようなことをされることもあるでしょう。

多種多様なニーズを実現しようとするユーザーたちは、必ず壁にぶち当たります。「設定できない!」、「使い方が分からない!」の嵐です。

今までのGoogleは、そういった「わからない!」をユーザーコミュニティだったりGoogleヘルプで解消してきました。
しかし、いちいちわからないことを聞いたり調べたりしなければいけないのでは、ユーザーはそのSNSを使おうとせず、途中であきらめてしまいます。
Facebookという超強豪が既に存在する状態ではなおさらです。

Facebookもユーザーライクとはお世辞にもいえないサービスだと思います(特に日本人にとって)。
だからこそ、GoogleはFacebookよりも使いやすく分かりやすい、そんな立ち位置を目指して展開していってほしいと思います。

まちがっても、1度も役に立った試しがない(というかそもそも日本語が成立していない)「Google ヘルプ」のようなサポートで満足してほしくないと思います。


Facebook Labは、調査・研究で培ったノウハウを活かしたFacebookページ制作サービスも行っています。
Facebookページの制作をお考えの方は、ぜひご相談ください。
詳しくはこちらをご覧ください。いいね!でファンになって頂いた方限定の割引キャンペーン実施中です。

記事を書いた人

ウェブクリエイター。デザイン・コーディング・システム開発を行う。 iPhoneアプリ開発やソーシャルメディア活用をメインに活動中。

View all posts by